亀田和毅の次戦は3月か4月。Sバンタムに階級を上げ実力試し

亀田和毅の次戦はスーパーバンタム級
での再出発となるようですね。

身長が171㎝もある和毅。バンタム級で
は減量が限界だったようです。

kamedatomoki
<引用元>http://www.officiallyjd.com/

次戦は3月か4月にアメリカに行われる
予定で、今後対戦相手などの情報も入って
くるでしょう。

マクドネルに悔し~い2連敗した後、引退
するのでは?と言う心配な噂も飛び交い
ましたが、「亀田兄弟」を引っ張って行く
事を決意し、再起を明言しました。

次戦では、どんな試合を見せてくれる
のか、また新しい階級で本来の実力を
発揮することができるのか注目したいと
思います。

スポンサーリンク



超減量苦だったマクドネル戦

亀田和毅の戦績は33戦31勝(19KO)2敗。

元WBO世界バンタム級王者と言う肩書と、
試合のほとんどが海外での実績と言う
現実。

それって普通の日本人ボクサーにはない
大きなキャリアですよね!

亀田和毅は22歳の時に順調に世界の頂点
に駆け上がりました。

フィリピンのセブ市でナミビアのアム
ブンダに3-0の判定で勝利し、

日本人で初めてのWBO世界バンタム級
王者となったのです。

その後、3度の防衛に成功したのは立派
でしたが亀田和毅陣営は次戦でWBA王者の
マクドネルとの統一戦を計画。

しかしWBOは、マクドネルとの統一戦を
認めず。

理由はマクドネルがWBOのランキングに
入っていないからとの事でした。

結局、試合前に和毅はWBOの王座を剥奪
されてしまい、マクドネル戦は統一戦で
はなく和毅がWBA王座に挑戦するという
形で試合が行われましたが、

マクドネルからダウンを奪うも0-3
(3者とも113-114)の判定でプロ初黒星
を喫してしまいます。

そして4か月後に行われたマクドネルとの
再戦でも判定で敗れてしまいます。

でも敵地に出向いての試合ですから、日本
でこの僅差なら判定は逆転していたかも
しれませんね。

さてこのマクドネル戦での敗戦の原因と
しては「減量苦」が大きな要因だった
事を明かしている亀田和毅。

まあバンタム級(54.8㎏)で171㎝も
あって、しかも成長を続ける和毅の身体。

そうとうきつかったのでしょうね
(^^;)

減量苦になればスタミナやスピード、
パワーすべてに影響が出てきますからね。

和毅は今後、バンタム級にこだわるのでは
なくもっと戦いやすい階級で勝負すること
を決意したのです。

スポンサーリンク



現在の世界スーパーバンタムの王者達

さて、亀田和毅がスーパーバンタム級に
階級を上げると言うことで現在の4団体の
王者の情報を紹介したいと思います。

◆WBA世界スーパーバンタム級
王者(休養王者)
ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)
戦績16戦16勝(10KO) 無敗。

◆WBA世界スーパーバンタム級
王者(正規王者)
スコット・クィッグ(イギリス)
戦績33戦31勝(23KO) 無敗2分け。

◆WBA世界スーパーバンタム級
王者(暫定王者)
モイセス・フローレス(メキシコ)
戦績25戦24勝(17KO) 無敗1分け。

◆WBC世界スーパーバンタム級
王者
フリオ・セハ(メキシコ)
戦績31戦30勝(27KO) 1敗。

◆IBF世界スーパーバンタム級
王者
カール・フランプトン(イギリス)
戦績21戦21勝(14KO) 無敗。

◆WBO世界スーパーバンタム級
王者
ノニト・ドネア(フィリピン)
戦績39戦36勝(23KO) 3敗。

このスーパーバンタム級と言うクラスは
王者の戦績がけっこうやばいし、
ドネアやリゴンドーのようなビッグ
ネームがいる階級でもありますね。

ドネアは2015年12月に王座に輝いてます
が、33歳と言う年齢とウォータースに
KOされていることもあり、全盛期よりは
力が落ちてきている印象ですね。

ニコラスウォータースがドネアを倒す

あと休養王者?のリゴンドー
もすでに35歳。

2014年の大晦日に初来日した時は天笠尚
からダウンを奪われる打たれ脆さも露呈
してしまいましたね。

伸びしろはなさそうだし、亀田和毅が
この階級で適正であればチャンスは出
てくる可能性はあるのではないでしょう
か?

もしかして、早い時期にビッグマッチが
組まれる可能性もありそうですね!

山中慎介や井上尚弥と対戦する可能性

以前から私が注目していた日本人同士に
よるビッグマッチ。

山中慎介VS亀田和毅

井上尚弥VS亀田和毅

ヒール役の亀田家の中でも実力がピカイチ
な和毅。

実現したら盛り上がるだろうし、ハイレベ
ルな攻防も見られたと思ったのですが、

山中慎介はバンタム級でのビッグマッチの
チャンスをうかがい・・

山中慎介の次戦は2016年3月パヤノか?

井上尚弥は現在保持するスーパーフライ
級で具志堅用高の記録、V13を狙うと明
言しています。

となると対戦するのは不可能に近い
かなと(^^;)

井上尚弥VSロマゴン実現か!?

残念ではありますが、亀田和毅には
スーパーバンタムでスーパー王者に
なって欲しいと思いますね。

亀田和毅 まとめ

亀田和毅がスーパーバンタム級に転向する
ことで、また一つ楽しみが増えました。

2016年はリゴンドーやドネアとの対戦が
もしかして見れることになるかも知れま
せん。

ただ、適正階級かどうかは3月に試合に
注目したいと思いますね。

長谷川穂積のようにバンタム級ではバッタ
バッタ相手を倒してきましたが、

フェザー級では全くパンチ力が通用しな
い事もありましたしね。

和毅に関してはバンタム級時代から相手
を倒す選手ではなかったので、どこまで
パワーアップされているのか注目したい
ところです。

まずは2016年3月か4月に行われる次戦に
注目したいと思います。

スポンサーリンク



【亀田三兄弟 関連記事】
亀田和毅の嫁はメキシコ人で元ボクサー
亀田興毅の嫁は伊東美香。子供の名前は?
【ボクシング 関連記事】
比嘉大吾の戦績が凄い。実力も本物
田中恒成 大晦日のテレビ放送が決まる
田口良一が大晦日で対戦するデラロサが強い
菊華高校に通う高山勝成。結婚は?
高山勝成の次戦は大晦日だ!試合結果は?
八重樫東の次戦はメンドーサ

1件のコメント

  • ダンゴ君

    山中慎介は身長170センチでリーチは三男よりも長いですよ。
    骨格はほぼ変わりません。
    フィジカル的にSバンタムではキツイでしょう。
    Sフライならそこそこの王者にはなれると思います。
    でも佐藤洋太やツニャカオから逃げてるようじゃ、先はないでしょう。

    長男は、日本王座挑戦で山中に7ラウンドで一蹴された安田幹夫にも、負けたでしょうね。
    実物を試合会場で見たときのガッカリ感は、たぶん一生忘れないなあ。弱いよあれ。
    しかも防衛記録伸ばしてるし、その間Sフェザーまでの全ての階級全ての団体に日本人の名前があったのに、長男戴冠と共に唐突にWBAのランキングから日本人が消えたし。
    総会に出席してコミッショナーに接触しただけでこんな厚遇が得られるのかと、暗澹たる思いでした。
    しかも防衛戦の半分は地元判定。
    長谷川山中内山井上、日本にはこんなに本物がいるのになあ。

    ああ、三男は、佐藤洋太の次の次ぐらいにはいいボクサーでした。
    河野には、判定でどうにか勝てるでしょう。
    井上には殺されるでしょう。

コメントを残す